すやねむカモミールの飲ませ方は?

すやねむカモミールで赤ちゃんの夜泣き対策や
リラックスタイムのお茶として飲んでみませんか?

 

すやねむカモミール 飲ませ方  画像

 

リラックス効果や安眠効果のあるハーブを
3種類ブレンドしたハーブティーで、夜泣きに荒ぶる
赤ちゃんをしずめぐっすりと深い眠りを促し、
お母さんも飲めば心が休まりイライラや不安が
軽減されると人気になっています。
すやねむカモミール 飲ませ方  画像
赤ちゃんとお母さんにおすすめのすやねむカモミールですが、
どのような飲み方なのでしょうか?

 

赤ちゃんへの飲ませ方などもあるのでしょうか。

 

こちらでは、すやねむカモミールの飲み方や
赤ちゃんへの飲ませ方について紹介しています。

 

効果的に飲む方法正しい飲ませ方をマスターし
夜をリラックスして過ごしましょう。

 

 

すやねむカモミールの飲み方や飲ませ方

 

すやねむカモミールのおいしい飲み方

 

すやねむカモミールの基本の飲み方です。
1袋には30包のティーパックが入っているので、
1日1包飲むなら1ヶ月分となります。

 

まず、ポットにティーパックを1つ入れ
熱湯を200〜500mlほどそそいでください。

 

お湯をそそいで3〜4分待つと綺麗な黄金色になります。
お母さん、大人の方はそのままカップなどに移して飲んでください。

 

すやねむカモミール 飲ませ方  画像

 

赤ちゃんへの飲ませ方

 

赤ちゃんにすやねむカモミールを与える場合は
抽出したお茶を白湯で3倍に薄め、哺乳瓶や
マグなどに移して与えてください。
すやねむカモミール 飲ませ方  画像
赤ちゃんが火傷をしないようによく冷ましてから
与えましょう。

 

飲むタイミングは、夜のお休み前の水分補給として
飲ませてあげると心が安らぎぐっすりと
朝まで寝てくれるでしょう。

 

作り置きしておいたほうが飲ませたい時に飲ませられるのでは?と
思うかもしれませんが、すやねむカモミールを
長時間おくとお茶の苦味が出たり品質が変化する可能性があるので、
作りおきは極力しないようにしてください。

 

いつから飲める?

 

離乳食をしっかり食べ慣れてきたころに哺乳瓶やストローコップ、
マグなどで飲ませてあげてください。

 

すやねむカモミールの注意点

 

すやねむカモミール 飲ませ方  画像誤嚥を防ぐためにすやねむカモミールを飲ませている最中は
目を離さないようにしてください

 

すやねむカモミールは苦味がおさえられ、すっきりと
甘い味わいのお茶になっていますが赤ちゃんが味を嫌がったり
吐き出したりする場合は飲ませるのをやめるか、飲ませ方を
工夫し多めの白湯で薄めるなどしてみてください。

 

まとめ

すやねむカモミール 飲ませ方  画像
すやねむカモミールを飲むタイミングは、朝まで
ぐっすり赤ちゃんが眠ってくれるように
夜のお休み前がおすすめです。

 

飲ませ方に特に難しいポイントはないので、毎日の
リラックスタイムにぜひ飲んでみてくださいね。

 

ハーブティーのクセや香りはおさえられているので
ハーブティーが苦手な方も美味しく飲めると思います。

 

 

すやねむカモミール 画像

 

 

 

関連ページ

すやねむカモミールはいつから飲める?
すやねむカモミールは赤ちゃんがいつから飲めるかご紹介しています。はぐくみプラスの赤ちゃん夜泣き対策ハーブティー「すやねむカモミール」は、何か月・何歳くらいから、いつから飲めるのか知りたい方はこちら。
すやねむカモミールの飲む量は?
すやねむカモミールの飲む量をご紹介しています。はぐくみプラスの赤ちゃん夜泣き対策ハーブティー「すやねむカモミール」を、効果的に飲む量や飲むタイミングについて知りたい方はこちら。
すやねむカモミール「飲まない」に関する口コミ情報
すやねむカモミールを飲まない赤ちゃんに関する口コミをご紹介しています。はぐくみプラスの赤ちゃん夜泣き対策ハーブティー「すやねむカモミール」を飲まない場合、どの様に対処したかの体験談・口コミをご紹介しています。