すやねむカモミールの飲む量は?

すやねむカモミールは赤ちゃんの夜泣きにお悩みの方や
育児中の不安、イライラで心が不安定なお母さんの
リラックスにおすすめのハーブティーです。
すやねむカモミール 飲む量  画像

 

赤ちゃんはお母さんの気持ちや状態を敏感に
受け取り、不安やイライラを抱えていると夜泣きが
ひどくなると言われています。

 

赤ちゃんの夜泣きとイライラや不安の悪循環に
はまらないよう、すやねむカモミールで気持ちを
リラックスさせ赤ちゃんを安眠させてあげませんか?

 

そこで、すやねむカモミールの飲む量について
調べてみました。
毎日のリラックスタイム、安眠にぜひすやねむカモミールを
取り入れてみてください。

 

すやねむカモミール 飲む量  画像

 

 

すやねむカモミールの飲み方や飲む量は?

 

すやねむカモミールはティーパックタイプになっています。
ティーパック1つに対してお湯を200ml〜500ml注ぎ、
3〜4分待ちます。

 

お母さんはそのまますやねむカモミールを飲んで
構いませんが、赤ちゃんに飲ませる場合は
白湯で3倍に薄めてから飲ませてください。

 

すやねむカモミール 飲む量  画像

 

 

すやねむカモミールは体に優しいハーブティーですし
多めに飲んだとしてもほとんどが水分なので
極端に大量に飲まない限り特に問題はありません。

 

すやねむカモミール1ヶ月分は30包となっているので、
1日1包、お休み前などにお母さんと赤ちゃんが一緒に
飲むと良いですね。

 

1日分のコストは?

 

すやねむカモミールは1袋に30包入っているので、1日1包
飲むとすると1ヶ月分になります。

 

1包でおよそ500mlのハーブティーになるので意外と
たくさん飲むことができます。
(薄まっても良いならもっと飲むことができます)

 

すやねむカモミール 飲む量  画像

 

1日1包を1日分の量にすると、1日にかかるコストは
33円ほどになります。

 

わずか33円で夜泣き対策、リラックスができるのは
コスパが良いですよね。

 

まとめ

 

すやねむカモミールを飲む量はきっちり決まってはいませんが、
1日1包が目安になっているのでお母さんと赤ちゃんで分けて
一緒にリラックスタイムをお過ごしください。
すやねむカモミール 飲む量  画像

 

赤ちゃんに与える際は白湯で3倍に薄め、よく冷ましてから
与えるのを忘れないでくださいね。

 

赤ちゃんの夜泣きでつらい思いをしている方、
赤ちゃんにぐっすり眠らせてあげたい方、
子育て中のイライラや不安を緩和したい方は、
ぜひ赤ちゃんと一緒にすやねむカモミールをお試しください。

 

意外とたくさん作れるので、お父さん、お母さん、赤ちゃんで
1杯ずつ飲んでからお休みするのも良いかもしれません。
毎日のリラックスタイムにぜひすやねむカモミールを
取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

すやねむカモミール 画像

 

 

 

関連ページ

すやねむカモミールはいつから飲める?
すやねむカモミールは赤ちゃんがいつから飲めるかご紹介しています。はぐくみプラスの赤ちゃん夜泣き対策ハーブティー「すやねむカモミール」は、何か月・何歳くらいから、いつから飲めるのか知りたい方はこちら。
すやねむカモミールの飲ませ方は?
すやねむカモミールの飲ませ方・飲み方をご紹介しています。はぐくみプラスの赤ちゃん夜泣き対策ハーブティー「すやねむカモミール」の、赤ちゃんへの飲ませ方や使い方、使用方法を知りたい方はこちら。
すやねむカモミール「飲まない」に関する口コミ情報
すやねむカモミールを飲まない赤ちゃんに関する口コミをご紹介しています。はぐくみプラスの赤ちゃん夜泣き対策ハーブティー「すやねむカモミール」を飲まない場合、どの様に対処したかの体験談・口コミをご紹介しています。